PonRoom

新築記録・子育て・暮らしブログ

玄関ポストを壁埋め込み。防犯面やメリット・デメリット・価格は?パナソニックKC型サインポスト感想【新築記録ブログ】

f:id:usagito:20180501184902j:plain

玄関のポストを埋め込み型にしました。

実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介します。

新築注文住宅 壁埋め込み型のポストを採用

壁埋め込みポスト パナソニック KC型 CT181S 縦メタリックシルバー

工務店からの提案があり、パナソニックの縦型の壁埋め込みサインポストを採用しました。

KC型 | エクステリア | 外まわり・構造材 | Panasonic

ポストって外構で設置する場合もあるようなんですが、埋め込みにする場合は家の打ち合わせの時に言っておかないとできません。

壁埋め込みサインポストの価格

f:id:usagito:20180502062226j:plain

ポストのお値段は工務店経由で9500円でした。

玄関ポスト埋め込み 防犯面

外から見るとこんな感じです。

f:id:usagito:20180501184826j:plain

防犯で良い面。郵便物を盗まれる心配がない

良い面としては、郵便物がドアの内側からしか取れないので盗まれる心配がないという事です。

以前住んでいたマンションは古くて、共用部分にあるポストには鍵も何もついていませんでした💦

重要な書類が落ちてしまっていることもあり、心配でした。

埋め込み型の場合、家の中からしか郵便物を取れないのでそういった心配はありません。

防犯面で悪い点。誰が玄関まで来ても違和感がない

玄関にポストがあるので、泥棒とか不審者とか…誰が玄関前まで来ても、下調べしていても、ポストにチラシを入れるのかな…と違和感がありません。

これはオープン外構の場合のデメリットでもあるようです。

玄関ポスト埋め込みのメリット

f:id:usagito:20180501184849j:plain

わざわざ外のポストまで取りに行かなくていい!めんどくさがりの人には◎

そのくらい…と思われるかもしれませんが、私にとっては、ちょっと玄関開けてポストの郵便物を取ることすらめんどくさい!

玄関埋め込みにして良かったです。楽ちんです。

雨の日でも濡れずに郵便物を取れる

家の中に直接郵便物が入るので、雨の日でも郵便物が濡れませんし、自分も濡れずに郵便物を取ることができます。

ただこれは、ポストまで屋根やカーポートがあって雨に濡れない仕様になっていれば、同じことですね。

玄関ポスト埋め込みのデメリット

f:id:usagito:20180501184831j:plain

大量の郵便物がある場合、床に落ちる

滅多にないんですが、収まりきらないくらい大量の郵便物(A4とか大きめのもの)があった日は、床に落ちてしまっていました。

時々、郵便物が入るタイミングで出た音などにびっくりする

郵便物を入れる時に、ガタガタと蓋が動く音、閉まる音がしたり、大きい郵便物だと室内側の蓋が持ち上がります。

タイミングよく玄関近くにいたりすると、急に玄関で音がしたり蓋が動いてびっくりすることがあります😅

さいごに

ポストの壁埋め込みは、家を建てる時にして良かったことのひとつです。

マンションの時に別の階にある共有部分のポストまで取りに行くのがすごく面倒だったので…。

家の中で郵便物を取れるようになって、快適です✨